FC2ブログ

    紅葉は黄葉

    10月25日に訪れた森の神ことブナの巨木日本一がある森。
    今はこの黄色に咲いた紅葉も落ち、すっかり淋しい感じなのですが、
    色鮮やかなこの黄色に色づいた葉のお蔭で、
    この時期には、荘厳さと色鮮やかな色彩を楽しめます。

    20101025-ブナの黄色

    こちらの紅葉は黄色が多く、黄葉なのです。

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    青森文化体感の宿 古牧温泉 青森屋
    スポンサーサイト



    静観

    11日に訪れた森の神こと奥入瀬にあるブナの巨木。
    400年この森のこの場所に佇み続け、葉が緑になり
    赤く紅葉し、そしてひらひらと土に帰る様を見続けたのです。

    荘厳なこの樹の巨大さ、そしてこの巨木を取り囲む美しい森。
    取材の度に色々なプロカメラマンの方をこちらにもお連れしましたが、
    皆さん仕事としてでなく、純粋にこの巨木を夢中で撮影されていました。

    プロが見ても、夢中になるこの巨木。
    太い幹から放射線状に全方位に伸びるこの枝達。
    まるで蒼い空に伸びるかのようです。

    20101111-森の神 蒼い空

    ホワイトバランスでさらに蒼く調整しました。

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    青森文化体感の宿 古牧温泉 青森屋

    冬枯れ

    11月11日に訪れたブナの巨木日本一。
    いわゆる森の神ですが、流石に葉を落としているのを見ると
    秋が終わり、冬の気配です。

    如何にして、紅葉の終わった森を皆さんに共有するか、
    大きな課題ですね。

    でもそれも日本の四季を表現する一つの事実ですので、
    カメラを通して魅力を発見していきます。

    20101111-森の神 冬枯れ



    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    青森文化体感の宿 古牧温泉 青森屋

    森の神の足元

    昨日の小雨降る中、ブナの巨木"森の神"にも立ち寄ってみました。
    すっかり葉が落ちて、森の中が丸見え状態。

    巨木も葉が落ちて、とても寂しい感じ。
    なので、巨木の足元を見ると苔と雨に濡れた葉が、
    綺麗だったので、おもわずショット。

    渓流ホテルからのツアーのお客様もガイドの話に関心されていましたが、
    お邪魔すると悪いので、私は直ぐに退散しました。

    20101111-森の神

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    青森文化体感の宿 古牧温泉 青森屋

    森の神

    10月25日に本当に久しぶりにブナの巨木を訪れました。
    黄色と緑色に覆われたこの森の神秘さは、どの季節でも美しいのですが、
    新緑に負けない秋ならでは、風景です。

    雨がパラパラと降っている中、いつものように一人で口笛を吹きながらの森歩き。
    クマ鈴を忘れたので、仕方なしですが、なるべく音を出しながら森の中へ。

    いつ来ても神々しいのこの巨木。
    幹周り601cm(直径191cm) 樹高30.2m 推定樹齢約400年。

    日本一のブナの巨木。単幹での大きさと三つに分かれるこの雄大さは、
    奥入瀬が誇りに思って良い、一つの財産です。

    20101025-森の神


    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    プロフィール

    けいぞう

    Author:けいぞう
    「記憶に残る朝」へようこそ
    奥入瀬渓流周辺の自然を中心に
    本州最北端に位置する青森の文化や人と暮らしを
    カメラの撮影技術の向上を通じてお伝えします。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    レコメンデーションエンジン 記憶に残る朝 by BlogPeople
    FC2 Blog Ranking