FC2ブログ

    滝割れ

    青森に赴任前の一年半過ごした北海道トマムから
    アクティビティーを担当している友人が青森を訪れてくれました。
    ので、ノースビレッジ河井氏に依頼して
    三人で奥入瀬渓流を散策しました。

    今回は、奥入瀬渓流の上流を朝8時から散策。
    昼には青森屋に戻らねばならず、ゆっくりとは散策できませんでしたが、
    夏の最後の奥入瀬を心に刻み込みました。

    最後の行程で、銚子大滝の水量が少なく、
    滝が二つに割れている珍しい光景だったので、
    皆で撮影しました。

    ダムが水を取り過ぎなのでしょうか?
    2つに割れた滝の隙間から、
    板状節理?が覗いています。

    ダイナマイトで銚子大滝の岩を吹き飛ばし、
    現在の銚子大滝の路を作ったなんていう河井氏の説明。
    知らなかったなぁ。

    20120921-銚子大滝

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    スポンサーサイト



    苔ガール誕生

    奥入瀬渓流ホテルでは、毎年4月の営業時にスタッフが、奥入瀬渓流を
    清掃しながら散策するのですが、今年は、この時期になってしまいました。
    逆に美しい新緑が見れて良かったのはないでしょうか。

    これから全国のいたるところで働くことになる星野リゾートの新入社員も含め、
    青森採用の新入社員達が参加したこの散策に私もカメラマンとして参加しました。

    20120611-奥入瀬ウォーク1

    フォトジェニックなアイリさん、アイノさん、チナミさんの皆さん、
    木の実を拾って、何か言っていますね。
    ネイチャーの雑誌の写真に出てくる感じです。

    20120611-奥入瀬ウォーク2

    ノースビレッジさんが奥入瀬の苔の素晴らしさを訴求しているので、
    正にグッドタイミングです。
    皆、苔の話に興味いっぱいで聞き入っておりました。

    苔ガール誕生ですね。ルーペで見入っています。

    20120611-奥入瀬ウォーク3

    撮影に夢中になっていると置いて行かれるので、
    良いなぁと思っても撮影は、我慢しましたが、
    でも、皆が立ち止っている時は、
    こんな感じでサクッと撮れる時は、撮影しました。

    また一人で来ればよいか。と思いながら、
    忙しくて行けてないなぁ。

    20120611-奥入瀬ウォーク4

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで

    エゾハルゼミ

    一年に一度、新入社員と一緒に奥入瀬渓流14.2キロを掃除しながら、
    歩ききるのですが、そのタイトルが奥入瀬14キロウォーク。

    ノースビレッジさんに毎年協力して貰い、
    奥入瀬の魅力を伝え、素晴らしさを知って貰おうと言うものです。

    昨日は、そのウォークの日でした。

    苔ブームで奥入瀬に注目が集まっているようで、
    新入社員の殆どが女性なのですが、皆興味一杯で、
    ノースビレッジさんの話を聞いておりました。

    小生もこういうイベントは大好きなので、カメラマンとして参加しました。

    まずは、エゾハルゼミの抜け殻が沢山あったので、皆の後を追いかけながら、
    撮影しておきました。

    雨上がりの最高の天気、どの被写体も輝いていました。

    20120611_エゾハルゼミ1

    20120611_エゾハルゼミ2

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで

    緑の反射

    三乱の流れの上流には、名も無き瀬があり、そこに一歩入るだけで、
    別世界へと誘われます。

    この時期は、陽の光が温かく、新緑のまばゆい光線が、
    水面も反射し、緑に世界が覆われます。

    構図を考えずに感じたままにシャッターを構えてみて下さい。

    考えると駄目ですね、あくまで感じたままで。

    どの画角でも魅力があり過ぎて、目眩がします。

    20120526-三乱の流れ付近

    Data : Nikon D7000 / AF-S Nikkor 24-70mm 1:2.8G ED / F2.8 / 1秒
    WB晴天 / 三脚使用 / 三乱の流れ上流の瀬 / 2012/5/26 11:03

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで

    静寂の瀬

    奥入瀬渓流を訪れる方が必ずと言ってよい【石ヶ戸】の瀬。
    雪が多い冬は、近づくことさえ出来ないこの瀬。

    流木によって岸ができたり、正に生きている流れ。

    毎年その様相が変わります。

    今年は、いや、今年も美しい静寂の流れです。

    ここでは、今から散策を開始する方のスタート地点なので、

    何かが始まるという雰囲気が醸し出されています。

    あっという間に季節が流れ、青森に来て早4年になろうとしています。

    奥入瀬の美しさに出逢えた、そんな私にとっても

    大事なスタート地点です。

    20120517-石ヶ戸の瀬

    Data : Nikon D7000 / AF-S Nikkor 24-70mm 1:2.8G ED / F22 / 1/2秒
    WB晴天 / 三脚使用 / 石ヶ戸の瀬 / 2012/5/17 8:08

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    プロフィール

    けいぞう

    Author:けいぞう
    「記憶に残る朝」へようこそ
    奥入瀬渓流周辺の自然を中心に
    本州最北端に位置する青森の文化や人と暮らしを
    カメラの撮影技術の向上を通じてお伝えします。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    レコメンデーションエンジン 記憶に残る朝 by BlogPeople
    FC2 Blog Ranking