FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    本州最北の信仰

    先月末に訪れた下北一人旅では、良い天候に恵まれず、
    恐山の良いカットを撮影できませんでした。

    スタッフに申し訳ないので、
    過去に訪れた時の画像を探して、許しを得た次第です。

    そんな中からのショット。
    この日は、晴天で素晴らしかったです。

    20101005-恐山1

    2010年10月に撮影しています。
    この日は、下北出身のスタッフの結婚式に参加するために
    訪れた下北で、せっかくならと
    早めに訪れて、何とか撮影した記憶があります。

    20101005-恐山2

    そのスタッフにもお子さんが生まれ、
    月日の経つことの早いこと。
    北海道から青森に来てもうすぐ4年になるのですね。
    いつまで青森に居れるか、先が見えませんが、
    これだけ青森を愛しているので、
    一日も早く結果を出して、皆と喜びを共有したいの一心ですね。

    20101005-恐山3

    恐山、次は温泉に入りたいですね。

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで

    スポンサーサイト

    仏の集まる地

    青森の魅力開発に向けての(みちのく一人旅)。
    十和田市の自宅を出発して2時間程車で走れば、恐山。

    子供のころ、何とかスペシャルで良く取り上げられていた怖いイメージとは
    打って変わっての荘厳で、輝いている景色。
    その恐山から60キロほどでしょうか、
    目的の仏ヶ浦に到着しました。

    前日の夜まで仕事で、下調べなしで来たので、
    どこに駐車すれば良いのか不明で、
    私にこのツアーの下見を依頼したスタッフに電話しました。
    が、彼もまったくのストレンジャーのよう。

    20120630-仏ヶ浦1

    噂には聞いていた長い階段、100メートルほど森を下って行きますと
    やっとたどり着きました。
    さすが、青森。
    誘導看板も歴史やうんちくも一切なしの
    観光者にはまったくの不親切なお出迎え。

    20120630-仏ヶ浦2

    すいません。
    どうしてこのような景色になったのかも不明です。
    ガイドさんを雇わないと、まったくわかりません。

    佐井港からは、観光客を乗せた船が着くようで、
    観光客が沢山いらっしゃいます。

    20120630-仏ヶ浦3

    人の大きさと比べて貰えれば、大きさがイメージできるでしょう。
    フェリーに乗って見ても楽しみました。

    20120630-仏ヶ浦5

    うんちくのある方に聞くと、この辺で発生した海難事故では、
    何故かこの仏ヶ浦に上がるそうです。

    しかも、お葬式で使用する備品の形をした岩岩が、そびえ立つこの不思議。
    正に人智を超えた神の創造物でありました。

    さぁ、ツアー作ってみますか?

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで

    クリスマスツリーの木

    今年の奥入瀬渓流ホテルの営業も終わり、
    スタッフも北海道に行ってしまいました。

    一年前は、年明けにトマムに行く途中?に富良野に出向き、
    クリスマスツリーの木を撮影してきましたね。

    今年のお正月は、どうしましょ。
    年明けにもスタッフの顔を見に、
    北海道に出向き、様子を見てきたいと思いますが、
    時間が取れるかどうか。

    クリスマス時期にアップすべきでしたが、
    私の満足している画像の一つである
    このクリスマスツリーをお送りします。

    こんな瞬間に出会えるから、風景写真は、
    寒い森の中に私を誘います。

    20110108-クリスマスツリーの木

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで

    もう一つの青森 界津軽

    先月の香港出張から帰って直ぐに向かった【界 津軽】。
    紅葉の撮影を依頼されたのですが、離れの紅葉は未だ、色づいていました。

    陽が暮れるその前の時間がない中での、急ぎの撮影。

    20111020-界津軽1

    Data : Nikon D7000 / AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G ED / F9.0AE(1/1000秒)
    WB晴天 / 三脚使用 / 界津軽 中庭 / 2011/10/20 15:57

    中庭には泉が流れ、薄暮の様子を撮影してみました。

    同じ星野リゾートなので、また訪れて撮影して見たいと思います。

    20111020-界津軽2

    Data : Nikon D7000 / AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G ED / F2.8AE(1/8000秒)
    WB晴天 / 三脚使用 / 界津軽 中庭 / 2011/10/20 16:08

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで

    ブルース

    巷で流れているテレビCMのブルースと違い、こちらは香港の誇る世界的スターのブルース・リー。
    香港に来ると、スターアベニューに来ると撮影せずにはいられません。

    早起きし、香港の日の出を撮影しようと考えたのですが、
    早すぎたようで未だ月が天高く輝いていて、
    ホテルへとぼとぼと引き上げた次第です。

    20111017-ブルース・リー

    Data : Nikon D7000 / AF-S Nikkor 24-70mm 1:2.8G ED / F2.8AE(1/5秒)
    WB晴天 / 手持ち撮影 / 香港 / 2011/10/17 5:22

    小学生の時、兄に連れられて見に行った【燃えよドラゴン】を思い出しました。
    こたつの足をヌンチャクに作り直し、日々、練習していました。
    あの頃の小学生は、ブラスチックのヌンチャクで【アチョー】と連呼していましたが、
    私の拘りだったのは、あの木製の重いヌンチャクでした。

    今見ても、格好良いです。【アチョー】

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    プロフィール

    けいぞう

    Author:けいぞう
    「記憶に残る朝」へようこそ
    奥入瀬渓流周辺の自然を中心に
    本州最北端に位置する青森の文化や人と暮らしを
    カメラの撮影技術の向上を通じてお伝えします。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    レコメンデーションエンジン 記憶に残る朝 by BlogPeople
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    FC2 Blog Ranking