スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    余命を生きる

    人間は、死に向かって生きているにも関わらず、
    楽しく生きようとする明るい生き物です。

    そんな中、たかが虫ごときに日本人は、
    哀愁を感じ、その蛍の揺らぎを自分の生と重ねて
    夏を楽しみます。

    夜に揺らめく蛍の画像がまだ、撮影できていないので、
    昼間に休んでいる蛍の画像をお届けします。

    こんな感じで、休憩しているのですね。

    一週間しか生きれない儚い命。
    ここに人間は、蛍の光に惹かれるのでしょう。

    私が蛍を撮影できるのも後、数週間の勝負。

    早めに仕事を終えてでも、撮りますよ。← ほんとかよ。

    20120721-ほたる

    「記憶に残る朝」を奥入瀬渓流ホテルで
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    けいぞう

    Author:けいぞう
    「記憶に残る朝」へようこそ
    奥入瀬渓流周辺の自然を中心に
    本州最北端に位置する青森の文化や人と暮らしを
    カメラの撮影技術の向上を通じてお伝えします。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    レコメンデーションエンジン 記憶に残る朝 by BlogPeople
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    FC2 Blog Ranking